助産院で元気な赤ちゃんを産もう【条件が揃えば医療行為なしの分娩】

医者

不妊のための効果的な治療

観葉植物

京都の産婦人科クリニックでは、タイミング法、人工授精など不妊治療が色々とあります。その中でも、体外受精は体への負担がないために需要の多い不妊治療です。この体外受精は、卵子を採取して培養液内で精子と受精させて、子宮内に入れる治療です。卵子を採取する際は、超音波の先に針がついている器具で取ります。この京都の不妊治療は、子宮内膜症、卵管の通過性が良くないケースに適用されます。体外受精での妊娠確率は、25歳以上で40%くらいと高いです。しかし、35歳を過ぎて30代後半になると、徐々に妊娠率は低下していきます。そして、40歳以上になると、体外受精での妊娠率は20%以下になります。45歳以上になると、10%の妊娠確率です。なので、子供を望む方は、なるべく早く京都のクリニックで不妊治療を受けたほうが良いです。

京都のクリニックで体外受精をした後は、受精卵が着床するまでに数日間かかります。その期間の間は、いくつか生活する上での注意点が有ります。まず一番に気をつけなければいけないことは、治療直後のお風呂での入浴や水泳は厳禁です。というのも、体外受精で受精卵を入れる際に、膣内が傷ついている可能性があるからです。その状態で水に浸かると、膣内に水が入って感染症になる恐れがあります。なので、治療した当日は、湯船に浸かるのではなく、シャワーを浴びたほうが良いです。その他の注意点は、同じ理由でタンポンを使用しないことです。タンポンを使うと、膣内の傷ついた箇所に雑菌が繁殖して感染症になる恐れがあります。上記に気をつければ、安全といえます。